日傘や日焼け止めで徹底して紫外線から皮膚を守ります。サングラスも必須です。

将来的に肌にしみができたり、皮膚癌の可能性をもっているのは嫌だと思ったので、若い頃から日焼けケアには気を配っていたためこういうスタイルになりました。5月から10月ごろまで、日傘は必須です。日焼けすると赤くなって痛いし、そのあと黒くなる体質なのでいいことがなく、日焼けせずにいることの方が健康上も見た目上もメリットがあります。 紫外線を徹底的にガードすれば大きな問題にはならない悩みなので、夏場でも薄い長袖を着たり直射日光に当たらないようにしたり、日傘やサングラスで皮膚も目も紫外線から守るように心がけています。そうして過ごしていれば、皮膚の赤みや痛み・日焼けにも悩まなくて済むので、私の生活スタイルにはあっている対処法だと思います。 効率的でとても便利だと思うのですが、どのようなシステムでそうなっているのか、内臓に負担はかからないのかなど気になる点が多いため、自分では採用していません。システムや試み自体は非常に画期的で素晴らしいと思います。ただ健康上の害などが心配なため、私はこれからも飲む日焼け止めを採用することはないと思います。